代表者メッセージ

お客様への基本姿勢を貫き、確固たる業界シェアNo.1へ。

お客様が育ててくれた会社

中建サービスは、昭和52年の設立以来、「お客様のご要望にいかにして応えるか」を常に考えてきました。現在は、おかげさまで業界トップのシェアを誇っておりますが、会社設立時は、トラック一台、機械数台からのスタートでした。ですから、商品力は全く他社に及びませんでしたが、お客様への対応力だけはどこにも負けまいという思いがありました。例えば、現場でトラブルがあればすぐに駆けつけますし、小さな部材一つでも持っていきます。当社がレンタルした機器でなくても、お客様が困っていれば私たちが修理します。そのように、杓子定規ではなく臨機応変に対応していくことで、お客様から信頼を頂き、売上を伸ばしていくことができたのです。お客様の期待や要望はお取引をしていくなかで徐々に大きくなってきますから、それに応えるために、人員や機材を増やしていく。その繰り返しの結果が、現在の中建サービスの姿です。当社はお客様が育ててくれた会社と言っても過言ではないと思います。

代表取締役 社長 山田康志

華やかさはないが、やりがいの大きい仕事

当社がマーケットとする基礎工事は、大型建造物の建築においてなくてはならない仕事です。基礎がきちんと備わってこそ、ビルや高速道路や商業施設が成り立ちます。華やかさはありませんが、街や産業を支えるやりがいは大きいです。そして、建造物は時代の変化や老朽化に伴い建て替えが行われるため、継続的に一定の需要が見込めるというビジネスの魅力もあります。また、2020年の東京オリンピックに向けて、様々な建造物の建設が予定されているため、特需も期待されます。
このように、私たちの事業には多くのやりがいと魅力があり、今後も大きく発展していく可能性があると自負しております。
そのためには、業界シェアNo.1という地位に慢心することなく、お客様のために動くという基本姿勢を変えないこと、そしてその想いを引き継いでいく新しい人材の採用が欠かせないと考えております。

代表取締役 社長 山田康志

若い人材の経営参画に期待

当社は創業39年目になりますが、まだまだ発展途上の会社です。前述した通り、お客様の期待に応えるべく奔走し、成長してきた会社なので、組織としては未成熟な部分が多いと思います。ですがその分、これから入社してくる若い人材にはチャンスの大きい会社であると思います。当社は実力主義ですから、年次は関係ありません。入社後数年で、会社の経営に参画できる人材に成長してほしいと考えております。会社に入るのではなく、会社をつくっていく。そんなバイタリティと柔軟な発想を持った人をお待ちしております。 ぜひ一緒に、業界No.1を推進していきましょう。

代表取締役 社長 山田康志