募集要項

募集要項

仕事内容 ▼営業職▼
既にお取引のあるお客様を担当していただき、ニーズに応じて機器材を手配します。 いつからいつまで必要なのか、工事現場はどこか、どの程度の穴を掘るのか、地盤などによって必要とされる機器材はさまざまです。 詳細を確認してから保全職とスケジュールを調整して入出荷の段取りを組みます。
※自拠点で用意できない場合は他の拠点から手配することもあります。

何よりも重要なのはお客様との関係性づくり。  
週に1回、もしくは月に1回ほどを目安に担当者の元(オフィス)へ足を運んでください。何気ない会話で終わることもありますが、「何かあったときに連絡をいただける」。そんな関係性づくりが目的です。
また、“担当者”とは別に“現場担当者”が何人もいらっしゃいます。いわば実際の工事現場にいる現場監督さんです。彼らとの関係性づくりも忘れずに。

入社後3ヶ月は保全職として整備の現場を経験していただきます。(詳細下記)
▼保全職▼
レンタル期間は数週間から数ヶ月。戻ってきたらまずは高圧スチームで全てを洗浄。 その後全体を目視でチェックをし、必要に応じて補修を行います。 配属によりその役割はさまざまですが、機械的損傷があれば溶接をするのがメイン。 全周機などの場合は通電確認など、電気的な検査も必要になります。

お客様のご要望に応じてレンタル前に備品を製作することも多々。
例えばタンクとタンクをつなぐ“渡り配管”と呼ばれる管。(数字の7に似ていることから“セブン管”と呼んでいます) これは図面をおこし、部材を発注し、製作するという一連の流れを自身で行います。

慣れるまではハードです
機器材は全てが超重量級。 基本的には数人がかり、もしくはクレーンで移動させます。 それでも、チョットした移動や整備でもかなりハード。決して無理はしないように。 必要であれば敷地内にいる仲間を呼んで下さい。
▼営業アシスタント職▼
営業スタッフのサポートが主な仕事になってきます。 例を挙げると下記のような仕事があります。

営業あてにお客様から 「今度基礎工事があるから機材を貸してほしい。」 と電話がかかってきます。
そのことを聞いたアシスタントの方には機材の手配をしていただきます。まずは自分の拠点に機材があるか、担当に聞いてください。無ければ他の拠点に電話で連絡して押さえていただきます。

請求書の作成をしていただきます。
決まったソフトがあるので、それに機材のレンタル期間から算出した金額を入力していただきます。

納品書の作成もお願いします。
お客様に貸し出す機材について記入してください。 この際、機材の名前なども覚えてほしいと思っています。

分からないことがあれば遠慮せずに聞いてくださいね。 ゆくゆくは、直接お客様との電話でのやりとりも できるようになってほしいと思います。 まず最初はできることからはじめましょう。
勤務地 【本社・名古屋営業所】  〒497-0005 愛知県あま市七宝町伊福猿学34
【東京営業所】  〒270-1405 千葉県白井市富塚1
【福岡営業所】  〒838-0031 福岡県朝倉市屋永4061-1
【大阪機材センター】  〒 594-1114 大阪府和泉市国分町1598番39
勤務時間 3/21?9/20 8:00?17:30(実働8h)
9/21?3/20 8:00?17:00(実働7.5h)
※月間平均残業は20h ※基本的に休日出勤はゼロ。
ただし機器トラブルが生じたら、現場対応をお願いするかもしれません。(滅っっっ多にありません)
給料 【大卒】 月給20万5000円以上
【短大・専門卒】 月給19万円以上
◎年収例・・・610万円/33歳・課長(月給42万円+賞与)
諸手当 通勤 役職 残業
休暇 隔週休2(隔週土曜・日曜) 祝日 GW 夏季 年末年始 有給 慶弔
昇給 年1回
賞与 年2回
保険 各種社会保険完備
制度 退職金 社外研修 資格取得支援(業務に必要な資格は会社負担で取得)
社員保有の主な資格 一級建設機械整備技能士 1名
二級建設機械整備技能士 8名
移動式クレーン運転士 9名
可搬形発電機整備技術者 12名
フォークリフト運転技能 6名
求める人物像 選考基準 このビジネスに興味を持っていただければ、出身学科は問いません。何年か後、将来的に中建サービスの経営の舵を切れるような幹部候補としての資質ある方を求めています。保全に関しては、機械・電気・電子などの理系専攻学生を積極的に採用しようと考えていますが、体を動かすのが好きだ、とかDIYが好きだ、とか根気や負けん気の強い方大歓迎です。文系の方でも1から丁寧に指導していきます。どちらの職種にしろ、保全として簡単な整備や洗浄等を経験していただくので、生半可な気持ちでは続かないでしょう。

▼以下のような思考をお持ちの方に興味アリ
・理系を選考しているが「周りと同じようになりたくない」と考えている
・理系を選考しているが文系の友達も多い
・文系を選考しているが機械や物作りに興味がある
・“男らしい理系”に憧れる
・自分の力や意見で組織体制や制度を変えてみたいと思う
溶接も設計もできる
『ガテンな理系』
保全職に関してですが、現場は屋外。夏は暑く、冬は寒いです。繰り返しますが決して楽な仕事ではありません。どんな環境にも立ち向かい、屈強で、勇ましい。 それこそが『ガテンな理系』であり、私たちが目指す姿です。こうした経験を経るからこそ、将来的には経営に携われると考えています。

また配属にもよりますが電気・機械や、溶接、設計の知識まで、適性に応じて専門スキルを追求できる環境があります。例えば全周機。直列6気筒エンジンや電気系統のメンテナンスが必要になります。機器材全般を補修するためには、溶接する場合もあります。お客様のご要望に応じて、図面をおこし、部材を発注し、備品を製作することも多々。 作業場を自分なりにカスタマイズしたって構いません。各々の適性が最大限活かされれば。保全職は現場作業なのでラクな仕事ではありませんが、間違いなく楽しめる一面もあります。
ガテンな理系集団、創りましょう。
職場をカスタマイズ 本社の隣には溶接や設計を行う工場があります。そこで活躍する兄弟がいるのですが、彼ら「仕事をしやすくするため」と言って 固定式の鉄柵を可変式の鉄柵にカスタマイズしちゃったんですよ。他にも自分が作業をしやすいように専用の台車をつくったスタッフも。作業環境に改善点があれば自分で変えてしまう。そしてそれを会社側も受け入れる。これは当社のいい所かもしれません。